2019アーセナルのフォーメーションはどうなる?冬の移籍・補強状況から予想

イングランドのプレミアリーグで常に上位を争っているのが、アーセナルです。

長年、指揮を執ってきた、アーセン・ベンゲル氏が昨シーズンで退任となり、

新しくウナイ・エメリ監督を招聘し、2019年シーズンをスタートしました。

順位は、2019年2月末時点で4位と、健闘しています。

 

冬の移籍期間も終了し、後半戦の陣容が固まりましたので、冬の補強内容を踏まえて、

フォーメーションを予想します。

2019アーセナルのフォーメーションはどうなる?冬の移籍・補強状況から予想

2019アーセナルの冬の移籍状況は?

アーセナルの冬の移籍情報です。

■2018-19冬の移籍情報

加入

ポジション 名前 年齢 前所属クラブ
MF デニス・スアレス 25才 バルセロナ (ESP)

放出

ポジション 名前 年齢 移籍先クラブ
GK エミリアーノ・マルティネス 26才 レディング
MF エミール・スミス・ロウ 18才 ライプツィヒ (GER)
MF アーロン・ラムジー 28才 ユヴェントス(ITA)

※ラムジーは、来シーズンからの加入。

 

夏にレノ、パパスタソプーロス、トレイラなど、5選手を獲得した為、

冬はほぼ動きが無かったといえます。

サンレヒSDも、冬の補強は積極的にはしない、とコメントしていました。

 

そんな中ショックだったのは、ラムジーが来シーズンからのユヴェントス加入を

正式発表してしまった事です。

2008年にカーディフから加入し、アーセナルの中盤を支えてきた選手なだけに、

非常にショックです。

 

シーズン開幕前に、ジャック・ウィルシャーがウェストハムに移籍してしまい、

ベンゲル時代の象徴だった選手がいなくなってしまったな、という印象です。

 

一方、新加入では、バルセロナから、デニス・スアレスが加入しています。

セビージャ在籍時に、エメリ監督の指導を受けていた為、移籍してきた様です。

 

バルセロナでは、あまり出場機会を得られていなかった様ですが、

スペインU19代表でU19ヨーロッパ選手権で優勝するなど、実力はある選手です。

ラムジーの代わりに、アーセナルの中盤を支える選手になって欲しいです。

2019アーセナルのフォーメーションはどうなる?冬の移籍市場から予想

今シーズンのアーセナルの基本フォーメーションは以下の通りです。

アーセナル 2018-19 フォーメーション

引用URL https://lovefootball-polestar.com/

基本的には、この4-2-3-1が多い様です。

 

開幕当初は、オーバメヤンをトップに入れることが多かったですが、

ラガゼットがフィットしてくると、サイドも出来るオーバメヤンを入れて、

攻撃力を増している印象です。

 

トップ下は、開幕当初はラムジーが多かったですが、

エジルが調子を上げてきた事、ラムジーが契約更新で揉めていた為、

最近は、エジルが入ることが多いです。

新加入のデニス・スアレスは、トップ下の控え、という位置づけになりそうです。

 

中盤では、ボランチが充実してきました。

ジャカ、トレイラは期待通りですが、夏に移籍してきたばかりの

ゲンドゥージも負けず劣らず、活躍しています。

 

ディフェンスは、開幕前にメルテザッカーが引退し、心配されましたが、

パパスタソプーロス、ムスタフィで、安定している印象です。

心配された、チェフの後継者も、レノがこなしています。

 

全体的に見ると、補強した選手が活躍して、チームとして機能しています。

 

 

 

ただ、先日もマンチェスターシティに1-3で敗れるなど、ここ一番での勝負弱さは

 

解消されていません。

まとめ

22年もの間、アーセナルは、アーセン・ベンゲル氏が監督として全てを掌握し、

栄光を築いてきました。

 

しかし、近年は、チェルシー、マンチェスターシティの豪華な補強と比べると、

地味な補強で、戦力差も少し開いてしまいました。

 

今シーズンからウナイ・エメリ監督を迎え、新生アーセナルとしてスタートを切りました。

エミレーツスタジアムの債務返済に目処がついた為、補強に関しても、

昨シーズンからかなり積極的にしています。

その成果もあって、今シーズンは、悪くない滑り出しだと思っています。

 

 

 

期待されたオーバメヤン、ラガゼットが得点ランクの上位に名前を連ねています。

 

この二人に、エジル、ムヒタリアンが絡む攻撃は見ていて面白いです。

 

 

 

ディフェンス面に関しても、ボランチに、ジャカ、トレイラ、ゲンドゥージという

若くて、今後が楽しみな選手がいます。

 

パパスタソプーロス、ムスタフィ、レノで構成されるセンターラインも、

まだ連携面で課題はありますが、機能しています。

 

サイドバックでは、コラシナツ、ぺジェリン、という若手、中堅から、

モンレアル、リヒトシュタイナーといったベテランまでラインナップされ、

大きな穴は無くなりました。

 

しかし、悲願のプレミアリーグ奪回の為には、まだ届かないかな、という印象です。

 

 

 

何が足りないのかというと、クラブを象徴するワールドクラスのプレーヤーが

 

必要だと思います。

 

 

 

 

2004年に最後にプレミア優勝した時には、アンリ、ベルカンプ、ピレス、リュングベリ、

ヴィエラ、アシュリー・コール、などなど、ワールドクラスのプレーヤーがゴロゴロいました。

 

このワールドクラスのプレーヤー達は、ベルカンプ以外は、アーセナルに来た時点では、

ワールドクラスのレベルではなく、アーセナルで名声を勝ち得た選手達です。

 

 

 

そういった意味では、今所属している選手達は、比較的年齢が若い選手が多く、

ワールドクラスになる可能性を秘めた選手達だと思います。

 

 

これから2~3年で、アーセナルというチームがどのくらいのレベルまで

成長できるのか、期待しています。

 

それには、今シーズンから就任した、エメリ監督の育成手腕が

どれだけ発揮されるか、に掛かっています。

エメリ監督には、プレッシャーに負けず、素晴らしいチームにして欲しいです。

コメント