2019バルセロナのフォーメーションはどうなる?冬の移籍・補強状況から予想

2017-18シーズンのリーガエスパニョーラで優勝し、2018-19シーズンも、

2位以下に大差をつけて、リーガエスパニョーラで首位を走っているのが、FCバルセロナです。

過去10年間で、7回リーガを制するなど、圧倒的な強さを見せています。

 

しかし、グアルディオラが監督を辞任した2012年以降、補強戦略に関しては

少し変わってきた様にも見えます。

 

今シーズンのバルセロナのフォーメーションと、冬の移籍情報を踏まえて、

後半戦のバルセロナの方向性を予想していきます。

2019バルセロナのフォーメーションはどうなる?冬の移籍・補強状況から予想

2019バルセロナの冬の移籍状況は?

バルセロナの冬の移籍状況は以下の通りです。

加入

ポジション 名前 年齢 前所属クラブ
DF  ジャン=クレール・トディボ  19  トゥールーズ (FRA)
DF ジェイソン・ムリージョ 26 バレンシア
FW ケヴィン=プリンス・ボアテング 31 サッスオーロ (ITA)

※トディボは来シーズンからの加入

放出 

ポジション 名前 年齢 移籍先クラブ
MF デニス・スアレス 25 アーセナル (ENG)
FW ムニル・エル・ハダディ 23 セビージャ

また、冬の移籍ではありませんが、2019年7月加入の移籍も発表されました。

ポジション 名前 年齢 現所属クラブ
MF フレンキー・デ・ヨング 21 アヤックス(NED)

デ・ヨングは、バルセロナがここ1年間追ってきた、オランダ期待の若手MFです。

PSGやマンチェスターシティとの争奪戦を制して獲得しました。

 

デ・ヨングの移籍以外にも、この冬の移籍では、2つサプライズがありました。

1つ目は、ボアテングの獲得です。

これは、セビージャにエル・ハダディを放出したことで、FWの控えが手薄になった事が

影響しました。

 

今のバルセロナのFW陣は、メッシ、スアレス、デンベレ、マウコム、と

若手から中堅どころまで実力者が揃っています。

 

デンベレがようやくフィットしてきましたが、その次となると、MFのコウチーニョを

ウィングにまわして、しのいでる印象でした。

 

その状態で、エル・ハダディが移籍すると、万が一の場合に、2018年に加入したばかりで、

まだ、バルセロナのシステムに馴染んでいない、マウコムを入れざるを得ません。

 

そこで、あまり出場機会が無くても良く、出た場合も今までの経験で、

それなりにやってくれそうな、ボアテングという結論になったのだと思います。

 

 

2つ目のサプライズは、ムリージョの獲得です。

今シーズンのバルセロナは、DF、特にセンターバックに苦労してきました。

 

ウムティティ、ヴェルメーレンが故障で離脱したことで、まだ23歳で、今年加入したばかりの

ラングレを使わざるを得ない状況でした。

 

そこで、バルセロナがとる選択は、2つありました。

1つは、今回のように他のチームから移籍をして補充する方法です。

そして、もう1つはバルセロナの下部組織から引き上げる方法です。

実際、ピケもバルセロナの下部組織である、カンテラ出身です。

 

現在のメンバーにも、カンテラ出身のクエンカ、ミランダといった若いDFが登録されています。

 

 

 

対するムリージョは、コロンビア代表のセンターバックで、インテルで活躍した

実績のある選手です。

 

また、インテルに移籍する前には、グラナダ、カディス、ラスパルマスといったチームに

合わせて7年間所属しており、スペインでの生活にも慣れています。さらに、ムリージョは

スペイン国籍も取得している為、外国人枠にも関係ありません。

 

 

 

バレンシアで出場機会が無く、レンタル料200万ユーロ(約2.6億円)、

買取オプションが2500万ユーロ(約32.5億円)と実績のあるセンターバックの割には、

お買い得でした。

 

 

 

 

 

 

個人的には、最近、カンテラ出身の選手がトップチームに出場できていないので、

 

カンテラの可能性に賭けて欲しかったです。

2019バルセロナのフォーメーションはどうなる?冬の移籍市場から予想

2019年のバルセロナの基本フォーメーションです。

引用URL https://www.goal.com/jp/

冬の移籍で獲得した、ボアテングはFW3人の控え、ムリージョはウムティティと

レギュラーを争う形になります。

 

 

相変わらず攻撃陣は好調で、メッシ25ゴール、スアレス16ゴール、デンベレ8ゴールと

3人合わせて、49ゴールでチーム総得点の75%を叩き出しています。

 

一方、ディフェンスは、昨シーズンが29失点に対して、今シーズンはすでに25失点なので、

やはり、メンバーを固定できない事が影響しています。

 

 

 

ウムティティかヴェルメーレンが大きな故障をせずにシーズンを過ごせれば、

ディフェンスがもっと安定すると思います。

 

その意味でも、実績のあるムリージョがどれだけフィットするのか、

興味のある所です。

まとめ

冬の移籍では、最低限の補強をしたバルセロナですが、それでも移籍に頼る、

という点で、地元では賛否がある様です。

 

シャビ、イニエスタ、ブスケッツ、メッシを輩出した、カンテラをもっと重視すべき、

という声があります。

確かに、ブスケッツ以来、カンテラ出身で、主力まで成長した選手はいません。

 

実績のある手やスター選手を他のチームから獲得し、主力にするというのは、

ヨーロッパのトップチームの殆どがやっていることです。

 

しかし、現在の移籍市場は移籍金の高騰が行き過ぎている感じがします。

ネイマールに2億2200万ユーロ(約288億円)、エムバペに1億8000万ユーロ(約234億円)

など、以前の状況では考えられない金額です。

 

 

そんな中で、下部組織であるカンテラを重視してきたバルセロナには、

下部組織出身者を多く登用しても、チャンピオンズリーグで上位を争い続ける事が出来る、

という事を実践し続けて欲しいです。

 

コメント