2019リバプールのフォーメーションはどうなる?冬の移籍・補強状況から予想

2018-19シーズンのプレミアムリーグで、マンチェスターシティと、熾烈な

首位争いを繰り広げているのが、リバプールです。

 

ユルゲン・クロップ監督を招聘して4年目で、約30年ぶりのリーグ優勝まで

もう少しのところまできています。そのリバプールが、冬の補強はどうだったのか、

調べてみました。

2019リバプールのフォーメーションはどうなる?冬の移籍・補強状況から予想

2019リバプールの冬の移籍状況は?

リバプールの冬の移籍状況を確認します。

加入→なし

放出

ポジション 名前 年齢 移籍先クラブ
DF ナサニエル・クライン 27 ボーンマス
MF ラザル・マルコビッチ 25 フルハム
FW ドミニク・ソランケ 21 ボーンマス

 

シーズン前に、アリソン、シャキリ、ファビーニョ、ケイタに約250億円を

 

つぎ込んだ為、冬は加入なし、放出3名という静かな動きでした。

 

放出選手では、少し驚いたのは、クラインの移籍です。

ローン移籍ではありますが、27歳とまだ老け込む年齢ではありません。

サイドバックは、人材不足と言われています。一時期はイングランド代表のレギュラー

だった選手なので、もう一花咲かせて欲しいです。

 

マルコビッチは、2014年にリバプールに加入したものの、フェネルバフチェ、

スポルティング、ハル・シティとローンで出されてばかりだったので、

フルハムで心機一転、活躍することを期待します。

 

ソランケに関しては、各年代のイングランド代表で活躍し、これから、という選手なので、

新天地での活躍を願っています。

2019リバプールのフォーメーションはどうなる?冬の移籍市場から予想

2019年のリバプールのフォーメーションを見てみます。

引用URL https://lovefootball-polestar.com

基本は、昨シーズン同様、4-3-3を継続しています。

 

昨シーズン3人で57ゴールを叩き込んだ、サラー、フィルミーノ、マネの

強力3トップを活かすスタイルは変わっていません。

 

スピード、テクニック、決定力が揃ったこの3トップは、ヨーロッパでも

屈指のデュオと言えます。

 

リバプールにとって、最大の泣き所だったGKに関しては、夏の移籍で、ローマから

ブラジル代表のアリソンを獲得しました。

 

ブラジル代表の正ゴールキーパーで、昨シーズンのセーブ率が79.3%と屈指の

セービング能力を誇ります。

 

その影響で、チャンピオンズリーグ決勝でミスをしてしまったカリウスはべジクタシュへ

移籍となりました。可哀想な気もしますが、プロの世界なので、仕方ないのかも知れません。

 

夏に移籍をしてきたメンバーでは、シャキリがスタメンは多くないものの、途中出場で

6ゴールを記録しています。試合の流れを変えるジョーカー的な役割を担っています。

 

中盤に関しては、レギュラーを期待された、ファビーニョ、ケイタがあまりフィット

しておらず、33歳のミルナーが奮闘しています。

 

ディフェンスに関しては、ロブレンが負傷し離脱した、センターバックに、

サイドバックだった、ゴメスをコンバートし、穴埋めに成功しています。

ゴールキーパーはアリソンが加入し、安定感が出てきました。

 

 

それにより、失点が大幅に減少しています。

昨シーズンは38試合で38失点でしたが、今シーズンは、29試合で15失点と

プレミアリーグ最小失点となっています。

 

 

 

こう見ると、ディフェンスにおけるゴールキーパーの重要性がよくわかる結果になっています。

チャンピオンズリーグを争うようなヨーロッパの一流クラブがキーパー争奪戦を繰り広げるのも

納得です。

 

また、オプションとしてではありますが、以下のフォーメーションも

採用しています。

引用URL https://lovefootball-polestar.com

サラーをトップに入れて、フィルミーノ、マネ、シャキリを2列目に並べる、4-2-3-1です。

シャキリの得点力を活かし、3センターハーフでは今一つ持ち味を出せなかった

ファビーニョを活かす為のフォーメーションです。

 

このシステムを併用する事で、序盤戦は持ち味を発揮できなかった攻撃陣が息を吹き返し、

首位を走る要因になりました。

 

ただ、強豪相手の大事な試合のフォーメーションを見ると4-3-3を採用しています。

 

4-2-3-1はセンターハーフの枚数を1枚減らし、攻撃的なメンバーを2列目に

並べるシステムとなっています。

攻守のバランスを考えると、中盤に攻守のバランスをとれる、ミルナー、ヘンダーソン、

ヴァイナルダムを並べる4-3-3が合っている、という判断になっているのだと思います。

まとめ

リバプールは、プレミアリーグでは、マンチェスターユナイテッドに並ぶ、名門チームです。

しかしながら、プレミアリーグになった1990年以降は、1度もリーグ制覇をしていません。

 

特に2000年代は、チャンピオンズリーグ1回、FAカップ2回、リーグカップを3回

制するなど、カップ戦では強さを見せてきましたが、長丁場のリーグ戦では継続性に

掛けていた傾向にありました。

 

昨シーズンは、プレミアリーグでは、サラー、マネ、フィルミーノの強力3トップを

擁しながら、層の薄さ、ディフェンス面の弱さで4位となりました。

 

そして、チャンピンズリーグでは、決勝まで進みながら、サラーの不運な形での

負傷交代、カリウスのミスもあり、惜しくも準優勝に終わりました。

 

今シーズンは、その悔しさを晴らすべく、ゴールキーパーにアリソンを補充し、

シャキリ、ファビーニョで層の薄さを解消しました。

 

今シーズン序盤は首位を走りながら、マンチェスターシティに追いつかれ、

首位を明け渡してしまいましたが、今のリバプールのサッカーは、見ていて面白いサッカーを

しています。

 

 

最近は、成績が停滞気味で、開幕当初の勢いに翳りが見える為、色々言われていますが、

クロップ監督のチームを作る、まとめるという能力は素晴らしいと思います

それは、香川選手が在籍した、ドルトムントでも実証済です。

 

 

最近思うのは、こういうチームが苦しい時に、リバプールのレジェンド、ジェラードのような

キャプテンがいたら、苦しい局面でも踏ん張れるのではないかな、と強く感じます。

 

 

そういう意味では、現キャプテンである、ヘンダーソンには、これから迎える正念場に

一層踏ん張ってもらい、悲願のプレミアリーグ制覇を成し遂げてもらいたいです。

 

コメント