2019NBAドラフト日程はいつ?結果速報と注目選手の評価・日本人候補予想も

トロント・ラプターズの初優勝で幕を閉じた今年のNBA FINALS2019。

 

移籍1年目でチームを勝たせたエースのカワイ・レナードはもちろんのこと、チーム全体が、そしてカナダ全体が一丸となって勝ち取った優勝だったかと思います。

 

王者ウォリアーズの3連覇は惜しくも達成されませんでしたが、今年はやはり怪我人の続出に苦しめられたかなという印象でした。

 

リーグで優勝するチームを作り上げるためには、毎年行われていますNBA ドラフトにて将来有望なスター選手を取る必要があります。

 

また、その指名権を若手で再建したいチームにトレードで渡して、選手を獲得したりするケースもあります。

 

各30チームのそれぞれの思惑がひしめく、ドラマティックなドラフトについて、解説していきたいと思います。

2019NBAドラフト日程はいつ?結果速報と注目選手の評価・日本人候補予想も

2019年NBAドラフト日程はいつ?

今年のドラフトは、現地時間6月20日(木)に行われます。

日本では、6/21(金)午前中から、楽天NBAにて放送がされます。

 

今年のドラフトはなんと言っても八村 塁選手がドラフトされる可能性が非常に高いということで注目を集めています。

 

過去に田臥勇太、渡邊雄太と日本人NBA選手は生まれてきましたが、ドラフトからの入団は史上初の快挙となります。

 

それに限らず、今年のドラフトでは近年のドラフトの中でも優秀な選手が多いドラフトと評されていますので、今年のドラフトされたルーキーの中から何人のスーパースターが生まれるのか、楽しみです!!

 

NBAドラフトのテレビ放送予定は?ネットでライブ配信&見逃し配信も見る方法

NBAドラフトは、現在のところ楽天TVの「Rakuten NBA Special」というサービスで視聴が可能です。

楽天NBA無料で見れる配信一覧

↑NBAドラフト2019も配信されます!

 

・楽天TV:Rakuten NBA Special

月額972円(無料トライアル期間1ヶ月あり)

 

楽天TVは1ヶ月間の無料トライアル期間もありますので、期間中の解約で料金はかからないので、試しに使ってみて、気に入らなければ解約ということも可能なのでノーリスクで利用できます。

(楽天に登録されている方はすぐに視聴することが出来ます。)

 

またライブ配信は「見逃し配信」も行われるので、当日見逃してもその後すぐにライブ配信を見ることが出来ます。

 

また、日本語での実況・解説が行われているのも嬉しいポイントですね。

Rakuten NBA Specialはこちら!

 

渡邊雄太選手(グリズリーズ)の試合配信もありますし、NBAの配信サービスの中では月額料金も安く試合数も豊富なので最もおすすめです。

NBAドラフトの仕組み・概要を簡単に解説

NBAドラフトは、NBAの全30チームが1巡目に1名、2巡目に1名の合計60名の選手が毎年、指名されます。

 

指名の対象となるのは、ドラフト時に19歳以上で、高校卒業後に1年経過していることが条件となります。

 

 

過去に高校卒業後にすぐにNBAに入って活躍したスーパースター(コービー・ブライアントレブロン・ジェームズ)も多くいますが、それと引き換えに大学に進まずにNBAに定着できなかった選手たちのキャリアのことを考えてだったり、色んな要素を含めて数年前に高卒ではドラフトに参加できないようになりました。

 

しかし今度は大学側でも1年で出て行かれる前提では指導ができないなどといった、問題が発生しているため、今後変更が加わるかもしれません。

 

また、海外の選手の場合は、ドラフト時点で22歳以上で、NBA以外のプロチームに所属している経歴が必要になります。

 

 

指名の順番は、前年のレギュラーシーズンの下位14チーム(プレイオフに出場できなかったチーム)をくじで決めるドラフトロッタリーで決められ、1位〜14位が決まります。

 

プレイオフに出場したチームは、勝率が悪かった順に指名権が与えられ、15〜30位が決められます。

 

 

ドラフトロッタリー2019からはルールが少し改正され、シーズンの勝率下位3チームが同じ確率で1位指名権を獲得できるようになりました。

 

前年までは、シーズン最下位が一番高確率で1位指名権を獲得できる確率設定でしたがそうすることでわざと負けるチームが出てきてしまいそれを防止するために今回のような策が建てられました。

 

2019年NBAドラフトの指名順は?

1位 ニューオーリンズ・ペリカンズ
2位 メンフィス・グリズリーズ
3位 ニューヨーク・ニックス
4位 ロサンゼルス・レイカーズ
5位 クリーブランド・キャバリアーズ
6位 フェニックス・サンズ
7位 シカゴ・ブルズ
8位 アトランタ・ホークス
9位 ワシントン・ウィザーズ
10位  アトランタ・ホークス
11位 ミネソタ・ティンバーウルブズ
12位 シャーロット・ホーネッツ
13位 マイアミ・ヒート
14位 ボストン・セルティックス
15位 デトロイト・ピストンズ
16位 オーランド・マジック
17位 ブルックリン・ネッツ
18位 インディアナ・ペイサーズ
19位 サンアントニオ・スパーズ
20位 ボストン・セルティックス
21位 オクラホマシティ・サンダー
22位 ボストン・セルティックス
23位 ユタ・ジャズ
24位 フィラデルフィア・76ers
25位 ポートランド・トレイルブレイザーズ
26位 クリーブランド・キャバリアーズ
27位 ブルックリン・ネッツ
28位 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
29位 サンアントニオ・スパーズ
30位 ミルウォーキー・バックス

今年のドラフトは、勝率下位3チーム(ニックス、キャブス、サンズ)が14%1位指名権を獲得する確率だったのですが、まさかの6%の確率を勝ち取ってペリカンズが1位指名権を獲得しました。

 

 

また、過去に2019年のドラフト権をトレードで使用していたりもするので、1巡目の指名権をセルティックスが3つ持っていたり、当日にもドラフト権と選手がトレードされることもありますのでまだまだ変動する可能性があります。

 

 

実際に、ロサンゼルス・レイカーズはペリカンズのエース、アンソニー・デイビスを獲得するために選手3名+今年のドラフト4位指名権を含む3つの1順目指名権を放出しています。

 

2019NBAドラフト結果速報

1巡目 選手名 チーム名
1位 Zion Williamson NEW ORLEANS PELICANS
2位 Ja Morant MEMPHIS GRIZZLIES
3位 RJ Barrett NEW YORK KNICKS
4位 De`Andre Hunter LOS ANGELEWS LAKERS
5位 Darius Garland CLEVELAND CAVALIERS
6位 Jarrett Culver PHOENIX SUNS
7位 Coby White CHICAGO BULLS
8位 Jaxson Hayes ATLANTA HAWKS
9位 Rui Hachimura WASHINGTON WIZARDS
10位 Cam Reddish ATLANTA HAWKS

 

1巡目 選手名 チーム名
11位 Cameron Johnson MINNESOTA TIMBERWOLVES
12位 PJ Washington Jr. CHARLOTTE HORNETS
13位 Tyler Herro MIAMI HEAT
14位 Romeo Langford BOSTON CELTICS
15位 Sekou Doumbouya DETROIT PISTONS
16位 Chuma Okeke ORLANDO MAGIC
17位 Nickeil Alexander-Walker BROOKLYN NETS
18位 Goga Bitadze INDIANA PACERS
19位 Luka Samanic SAN ANTONIO SPURS
20位 Matisse Thybulle BOSTON CELTICS

 

1巡目 選手名 チーム名
21位 Brandon Clarke OKLAHOMA CITY THUNDER
22位 Grant Williams BOSTON CELTICS
23位 Darius Bazley UTAH JAZZ
24位 Ty Jeroma PHILANDELPHIA 76ERS
25位 Nassir Little PORTLAND TRAIL BLAZERS
26位 Dylan Windler CLEVELAND CAVALIERS
27位 Mfiondu Kabengele BROOKLYN NETS
28位 Jordan Poole GOLDEN STATE WARRIORS
29位 Keldon Johnson SAN ANTONIO SPURS
30位 Kevin Porter Jr. MILWAUKEE BUCKS

 

2巡目 選手名 チーム名
31位 Nicolas Claxton BROOKLYN NETS
32位 KZ Okpala PHOENIX SUNS
33位 Carsen Edwards PHILANDELPHIA 76ERS
34位 Bruno Fernando PHILANDELPHIA 76ERS
35位 DiDi Louzada ATLANTA HAWKS
36位 Cody Martin CHARLOTTE HORNETS
37位 Deividas Sirvydis DALLAS MAVERICKS
38位 Daniel Gafford CHICAGO BULLS
39位 Alen Smailagic NEW ORLEANS PELICANS
40位 Justin James SACRAMENTO KINGS

 

2巡目 選手名 チーム名
41位 Eric Paschall GOLDEN STATE WARRIORS
42位 Admiral Schofield PHILANDELPHIA 76ERS
43位 Jaylen Nowell MINNESOTA TIMBERWOLVES
44位 Bol Bol MIAMI HEAT
45位 Isaiah Roby DETROIT PISTONS
46位 Talen Horton-Tucker ORLANDO MAGIC
47位 Ignas Brazdeikis SACRAMENTO KINGS
48位 Terance Mann LA CLIPPERS
49位 Quinndary Weatherspoon SAN ANTONIO SPURS
50位 Jarrell Brentley INDIANA PACERS

 

2巡目 選手名 チーム名
51位 Tremont Waters BOSTON CELTICS
52位 Jalen McDaniels CHARLOTTE HORNETS
53位 Justin Wright-Foreman UTAH JAZZ
54位 Marial Shayok PHILANDELPHIA 76ERS
55位 Kyle Guy NEW YORK KNICKS
56位 Jaylen Hands LA CLIPPERS
57位 Jordan Bone NEW ORLEANS PELICANS
58位 Miye Oni GOLDEN STATE WARRIORS
59位 Dewan Hernandez TORONTO RAPTORS
60位 Vanja Marinkovic SACRAMENTO KINGS

2019NBAドラフト注目選手の評価は?指名候補予想や日本人選手の指名はある?

注目の選手まず一人目は、こちら。

ザイオン・ウィリアムソン

Zion Williamson's top 10 plays of the season | SportsCenter

 

ジャ・モラント

2019 NBA Draft Junkies Profile | Ja Morant – Offensive Strengths

RJ・バレット

RJ Barrett – Duke Highlights 2019

 

順当にいけば、

・ニューオリンズ・ペリカンズ→ザイオン・ウィリアムソン

・メンフィス・グリズリーズ→ジャ・モラント

・ニューヨーク・ニックス→RJ・バレット

 

を指名すると予想しましたが、前述の通り、レイカーズが今年のオフの目玉のFA、アンソニー・デイビスを獲得したことによって、他のチームに影響が及びそうです。

 

 

その中の一つがニューヨーク・ニックス。

 

今年呼びたいFA選手がデイビスがレイカーズ、カイリー・アービングもブルックリン・ネッツと契約か?という報道が出ています。

 

ケビン・デュラントも今年の目玉FAの一人ですが、ファイナル中にアキレス腱断裂の大怪我をしてしまったので、ここもどうなるかわかりません。

 

3位指名権をもしかしたらトレードしてFAでないスタープレイヤーを呼ぶなどが起こった場合には、他のチームが3位指名することになるので、そのチームの状況によっては、ディアンドレ・ハンターや、ジャレッド・カルバーキャム・レディッシュの指名なども十分にあり得るかと思います。

 

 

また、ビッグマンが欲しいという希望や、海外スカウティングの結果驚くような指名もあるかもしれません。

 

 

また、日本人の八村塁選手の指名も予想されています。

八村塁 2018-2019シーズン・バスケ史上に残したTOP10プレイ!

各媒体ごとに指名予想順位は違いはありますが平均して14〜15位前後が予想されています。

 

ボストン・セルティックスにドラフトされたら面白いですね!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ドラフトは仕組みを理解して、当日の動きや速報を追いかけながら見ているととても楽しめます。

 

また、何よりもついに日本人がドラフトされる時がきたというのは歴史的快挙です。

 

ぜひ注目していきましょう。

 

 

個人的に注目している部分は、当然八村選手の動向も気になりますが、それに伴ったトレード情報に興味があります。

 

また、そこからどのようにして各チームが若い選手をサマーリーグで活躍させるか、そしてキャンプ、プレシーズン、そして本番を迎えます。

 

 

1年中楽しみなこと満載のNBAを一緒にまた盛り上げていきましょう!!

 

NBA
World Sports Satellite(ワールドスポーツサテライト)

コメント