2019プロ野球パリーグ新人王の発表はいつ?候補選手は誰か予想!

プロ野球シーズンがまもなく開幕します。

2019年の新人王は、ルーキーや出場機会が少なく資格を有してる

若手選手らによって争われます。

他のタイトルとは違って取れる機会が限られるのが新人王です。

そんな中から誰が新人王を獲得するのか!?

シーズン始まってませんが、予想してみましたので見ていきましょう!

2019プロ野球パリーグ新人王の発表はいつ?候補選手は誰か予想!

2019プロ野球の新人王の発表はいつ?

2019年のプロ野球新人王の発表がいつになるか気になりますよね!?

2018年は11月27日(火)の「NPB AWARDS」で発表されました。

ということで、2019年は11月27日頃ではないかと予想します。

 

ちなみに新人王の資格条件とは

・海外のプロ野球リーグに参加した経験がない

・支配下選手に初めて登録されてから5年以内

・投手として前年までの1軍での登板イニング数が30イニング以内

・打者として前年までの1軍での打席数が60打席以内

が条件となります。

 

2018年のパリーグ新人王は

東北楽天ゴールデンイーグルスの田中和基外野手です。

成績は105試423打112安18本45点21盗 打率.265

開幕1軍で迎えたが4月初旬に2軍落ちし、

5月23日まで長いブランクがありました。

1軍復帰後は11試合連続ヒットをするなど

目覚ましい活躍を見せました。

 

6月中旬からは1番に定着、高い身体能力を生かし

核弾頭として存在感を発揮しました。

18本塁打は新人王有資格者では群を抜いています!

 

立教大出身野手としては1958年の長嶋茂雄氏以来

60年ぶりという、パ・リーグ新人王を受賞しました。

2019プロ野球パリーグ新人王の候補選手は誰か予想してみた!

2019年の新人王候補選手を予想してみました。

5名選出してみましたので見ていきましょう!

 

筆頭候補になるのは、

埼玉西武ライオンズ 松本航投手

最速155kmの先発完投型の投手で、2018年のドラフト候補でも

投手としては最も高い評価を受けていました。

エースである菊池雄星選手がメジャー挑戦したため、先発陣の整備が必要となります。

チーム事情もあり、松本航選手がローテーションに入る可能性は高いでしょう。

そして前評判通りの実力を発揮すれば、結果も付いてきます。

打線が強いチームであることも、プラスに働くでしょう。

 

対抗としては、

福岡ソフトバンクホークス 甲斐野央投手

大学では抑えをやっており、大学時代はMAX159kmを記録するなど

他の快速球投手の中でも群を抜いて球が速いです。

ソフトバンクホークスではデニス・サファテ選手や森唯斗選手とセーブ王がいるので

中継ぎとしてシーズン通してある程度活躍できれば可能性はあります。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス 辰巳涼介外野手

走攻守の三拍子が揃っている選手で、2018年の大学生野手では

ナンバーワンの評価を得ている選手です。

細身の体形でアベレージタイプのイメージが強いですが、

辰巳涼介選手本人はルーキーイヤーの数字として2割5分20本を掲げています。

その数字を実現すれば、新人王はほぼ間違いないでしょう。

 

千葉ロッテマリーンズ 東妻勇輔投手

170cmと小柄だが、全身を使ったダイナミックなフォームから投げ込む

150キロ台のストレートは村田兆治氏を彷彿させます。

腕を振って投げ込む鋭く大きく変化するスライダー、

手元で落ちるフォークと必殺の決め球があるのも長所です。

「最多ホールド」獲得を目標に掲げており、2012年の益田直也選手が

新人王に輝いたときと同じパターンが狙えるかもしれません。

 

埼玉西武ライオンズ 山野辺翔内野手

170cmと背丈はないですが、パンチ力のある打撃と堅実な守備が持ち味です。

浅村栄斗選手が移籍し空いたセカンドのポジションで、2017年の源田壮亮選手のように

1年間全試合出場するような活躍を見せれば獲得する事もできます。

まとめ

新人王は、投手は先発で10勝をした選手がいれば当確ラインに入ってきますが、

野手で打率3割ホームラン20本を打ってくると2ケタ勝利投手よりも可能性が高くなります。

ここ10年では投手が8人、野手が2人と投手が圧倒しています。

 

今回挙げた候補選手以外にも、意外な選手が出てくる点も新人王の面白いところなので

どんどん出てきて欲しいと願いたいですね!

 

NPB野球
World Sports Satellite(ワールドスポーツサテライト)

コメント