第53回関東大学女子バスケットボール選手権大会の日程と出場校まとめ!優勝候補と注目選手は?

今年で53回目となる関東大学女子バスケットボール選手権大会。

今季もゴールデンウイークを通し行われることとなっています!

 

今回は第53回関東大学女子バスケットボール選手権大会の日程と出場校についてまとめていきます。

また、優勝候補と注目選手について予想していきます。

第53回関東大学女子バスケットボール選手権大会の日程と出場校まとめ!優勝候補と注目選手は?

第53回関東大学女子バスケットボール選手権大会の日程は?

 

2019年・第53回関東大学女子バスケットボール選手権大会の日程ですが、

4月27日(土)から5月12日(日)までの2週間にかけて行われます。

 

試合会場は、

駒沢オリンピック公園総合運動場体育館
日本女子体育大学
各大学体育館

となっています。

 

試合は、

①各大学体育館シード校32チーム以外、グループによるリーグ戦を行う
②グループリーグによる予選の後、トーナメント方式で戦う
③最終3日間でトーナメント戦のベスト4による決勝リーグを行う

 

といった流れとなっています。

(※5位~8位の順位決定戦も行います。)

 

第53回関東大学女子バスケットボール選手権大会の出場校は?

 

今大会では、79の大学が出場いたします。

 

左トーナメント出場校

1.筑波大学 2.武蔵丘短期大学 3.立正大学 4.中央学院大学
5.聖徳大学 6.桜美林大学 7.東京女子大学 8.大妻女子大学
9.拓殖大学 10.江戸川大学 11.日本大学 12.獨協大学
13.挑戦大学校 14.創価大学 15.都留文科大学 16.横浜市立大学
17.芝浦工業大学 18.国士舘大学 19.順天堂大学 20.東京医療保健大学
21.大東文化大学 22.群馬大学 23.鎌倉女子大学 24.国際基督教大学
25.文京大学 26.茨城県立医療大学 27.鶴見大学 28.桐蔭横浜大学
29.明治大学 30.専修大学 31.関東学園大学 32.上智大学
33.明星大学 34.和洋女子大学 35.神奈川大学 36.了徳寺大学
37.東京外国語大学 38.関東学院大学 39.山梨学院大学   

 

右トーナメント出場校

40.白鴎大学 41.玉川大学 42.東京成徳大学 43.東京学芸大学

44.埼玉県立大学

45.武蔵野大学

46.首都大学東京

47.東京理科大学

48.学習院大学 49.青山学院大学 50.立教大学 51.法政大学
52.千葉大学 53.慶応義塾大学 54.お茶の水女子大学 55.東海大学
56.十文字学園女子大学 57.東京大学 58.東京女子体育大学 59.日本体育大学
60.松蔭大学 61.國學院大學 62.国際武道大学 63.上武大学
64.武蔵大学 65.茨城大学 66.成城大学 67.日本女子大学
68.明治学院大学 69.共栄大学 70.日本女子体育大学 71.東洋大学
72.埼玉大学 73.東京家政大学 74.聖心女子大学 75.流通経済大学
76.淑徳大学 77.相模女子大学 78.帝京大学 79.早稲田大学

 

 

第53回関東大学女子バスケットボール選手権大会優勝候補の大学と注目選手は?

 

2018年・第52回関東大学女子バスケットボール選手権大会では、筑波大学が見事優勝しています。

今大会では、どこの大学が優勝するのでしょうか?

 

 

シード校である、

1.筑波大学

9.拓殖大学 10.江戸川大学 19.順天堂大学 20.東京医療保健大学

29.明治大学

30.専修大学

39.山梨学院大学

40.白鴎大学

49.青山学院大学

50.立教大学

59.日本体育大学 60.松蔭大学 70.日本女子体育大学

79.早稲田大学

15校がトーナメント戦から試合出場となりますので、優勢といえるでしょう。

 

その中でも、昨年ベスト8である

優勝 筑波大学
準優勝 早稲田大学
第3位  白鴎大学
第4位  山梨学院大学
第5位  東京医療保健大学
第6位 日本体育大学
第7位  松蔭大学
第8位  順天堂大学

が今回も優勝争いをするのではないでしょうか?

 

 

昨年優勝の筑波大学の注目選手である、佐藤 由璃果さん。

前大会にて、2年生ながらベスト8賞・得点王に選ばれた注目の選手です。

U-18に選ばれた経験もあり、スピードとシュート力はピカイチです。

3年生になり、さらにレベルアップした彼女に注目したいと思います。

 

 

 

昨年第4位の山梨学院大学。

山本 由真は前大会にて、ベスト8賞・スリーポイント王を獲得しています。

ガードとして活躍し、指示力と持ち前のシュート力でチームに貢献する選手となっています。

 

 

注目選手のいる、筑波大学・山梨学院大学が優勝すると予想します。

まとめ

 

昨年は筑波大学が優勝しましたが、今大会ではどの大学が優勝するのでしょうか?

 

スラムダンクの安西先生が「諦めたらそこでゲーム終了」と言っていた通り、バスケは最後まで諦めなければ逆転する可能性が大いにあるスポーツです。

是非選手の皆さんには頑張ってもらいたいですね!

 

青春真っただ中の大学生。

青春の1ページを飾る試合を期待したいと思います!

 

バスケ
World Sports Satellite(ワールドスポーツサテライト)

コメント