2019年横浜DeNAベイスターズ開幕投手やスタメンオーダー予想!ローテはどうなる?

横浜スタジアムのチャピーとバート 横浜DeNAベイスターズ

みなさん、こんにちわ!!

 

いよいよ各球団キャンプンインをして、選手たちは、2019年シーズンに向け調整・アピールを行っていますね!!

そして野球ファンの皆様は、優勝予想や開幕オーダーなどの構想で話が弾みますよね!!

 

そこで今回は、題名の通り、横浜DeNAベイスターズの開幕オーダーや開幕投手などの予想をご紹介させていただきます。

 

ぜひ、最後まで閲覧いただければ幸いです。

2019年横浜DeNAベイスターズ開幕投手やスタメンオーダー予想!ローテはどうなる?

2019年横浜DeNAベイスターズ開幕投手は誰?予想

それではまず、開幕投手から予想させていただきます。

そこでまず、過去5年間の開幕投手から紹介させていただきます。

 

2014年 三嶋一輝 (2回 9失点)シーズン最終成績 5先発 1勝2敗 防御率 10.88

2015年 久保康友 (4回 3失点)         21先発 8勝7敗 防御率 4.12

2016年 井納翔一 (7回 無失点)         23先発 7勝11敗 防御率 3.50

2017年 石田健大 (6回 3失点)         18先発 6勝6敗 防御率 3.40

2018年 石田健大 (5回 5失点) 15先発 3勝7敗 防御率 4.97

 

こちらが過去5年間の開幕投手です。

こう見ると、16年の井納選手以外の投球内容はかなり厳しい投球内容ですよね。

 

それでは、本題の開幕投手予想をさせていただきます。

 

ズバリ予想は…

今永昇太選手です。

 

根拠は、今永選手は人一倍責任感があるからです。

ルーキーイヤーから、ベイスターズの先発の軸として活躍されていて17年シーズンには二桁勝利・セ・リーグ左腕最優秀防御率を記録するなど素晴らしい活躍をします。

 

しかし、18年シーズンはシーズンを通して本調子を出すことが出来ずセ・リーグ最多の11敗を記録します。

この結果を受け、今永選手はオフにウインターリーグに参加し、6試合に先発し、4勝0敗、防御率0.51を記録しています。

 

今永選手は、ウインターリーグに参加する前に

「ピンチになると、キャッチャーのミットしか見えなくなって体が前になり、打たれてしまうからマウンドからホームまでの空間を力まずに捉えれるようになりたい」

などといった課題点と、どうすれば改善するか?を考え、参加されたようです。

 

このように今永選手は、常に自らの課題点を把握し、どのようにしたら改善できるか?を考え取り組んでいます。

 

そんな人一倍責任感が強い選手に開幕投手を任せたいと思い、筆者は今永選手を開幕投手として予想させていただきました。

 

最後に、対抗馬として予想するのはやはり新人王の東選手でしょう。

昨シーズン残した成績を見ると、東選手だけ突出しています。

 

なので昨シーズンの活躍を考慮すれば、確実に東選手が開幕投手なのですが、今現在、東選手は左肘違和感で、開幕に間に合うかどうか非常に微妙な所です。

 

なので、予想から外させていただきました。

しかし、開幕までに間に合うようなら、東選手も開幕投手になりうる選手です。

2019年横浜DeNAベイスターズ開幕スタメンオーダーはどうなる?予想

それでは次に、開幕スタメンオーダーを予想させていただきます。

こちらのほうもまずは、昨シーズンの開幕オーダーから紹介させていただきます。

 

1 桑原 将志 中堅

2 大和 遊撃

3 筒香 嘉智 左堅

4 ロペス 一塁

5 宮崎 敏郎 三堅

6 戸柱 恭孝 捕手

7 神里 和毅 右堅

8 石田 健大 投手

9 倉本 寿彦 二塁

 

こちらが、開幕オーダーです。

ラミレス監督ならではの、8番ピッチャーを採用されてますね。

 

ちなみに開幕戦は、ヤクルトのブキャナンに抑えられ、敗戦しています。

その後は、主力選手の相次ぐケガや、不調の影響で中々オーダーを固定することはできませんでした。

 

しかし、ソト選手・筒香選手・宮崎選手・ロペス選手のクリーンナップはかなり強力で

本塁打数180はリーグトップです!!

 

しかし、それ以外の選手の得点力が今一つで、中々勝ち星が増えませんでした。

 

ですが、来シーズンからは巻き返しを狙う桑原選手に倉本選手、梶谷選手。

 

昨シーズンに輝きを見せた神里選手などがいるので、かなり来シーズンは期待が持てるのではないでしょうか?

そこで、筆者が予想した開幕オーダーを発表したいと思うのですが、その前に、ラミレス監督が1月下旬ころに、”現時点”での開幕オーダーを発表されてますので、そちらから紹介させていただきます。

1 右堅 梶谷 隆幸

2 中堅 桑原 将志

3 二塁 ソト

4 左堅 筒香 嘉智

5 三塁 宮崎 敏郎

6 一塁 ロペス

7 捕手 伊藤 光

8 遊撃 大和

9 投手 未定

 

こちらが、”1月下旬時点”での開幕オーダーでございます。

これを見た筆者は、梶谷選手の1番は上手くいけばいいと思うけど…

というのが、正直な感想です。

 

梶谷選手はここ数年はケガでの離脱や、状態の浮き沈みの激しさがあるので一番での起用はどうかな?と思いました。

 

それでは早速、筆者の予想した開幕オーダーを発表させていただきます。

 

1番 右堅 神里 和毅

2番 遊撃 大和

3番 二塁 ソト

4番 一塁 ロペス

5番 左堅 筒香 嘉智

6番 三塁 宮崎 敏郎

7番 中堅 桑原 将志  

8番 捕手 伊藤 光

9番 投手 今永 昇太

 

こちらが、筆者なりに予想した開幕オーダーです。

 

まず一番の神里選手は、機動力で採用してみました。

 

神里選手は、昨シーズンの途中に離脱されますが、盗塁数はチーム2位の15を記録されています。

打撃力が課題点にはなりますが、非常におもしろいのではないかと思い採用してみました。

 

2番の大和選手は、今のベイスターズにはスモールベイスボールをしていただきたいからです。

 

3番,4番,5番,6番の4選手については、クリーンナップを必ず担う選手です。

 

ですので、筒香選手やソト選手が4番というのもありえますし、宮崎選手が3番・5番を打つこともありえます。

 

ではなぜ、筆者はロペス選手を4番に置いているかといいますと、

チャンスにも強くて、比較的安定した素晴らしい成績を残されるので、4番で予想してみました。

 

7番の桑原選手は、下位打線でも打点が取れるようにしたいので、足もあるし、長打もある桑原選手を置きました。

 

8番の伊藤選手は、打撃もそこそこ期待できますし、そして、先ほど伝えた桑原選手同様下位打線で得点をしたいということで、採用してみました。

 

9番の投手については、ラミレス監督が、1月下旬ごろ発表されたオーダーで、投手が9番だったため、筆者も9番に投手を置きました。

 

こちらが、筆者なりに予想してみた開幕オーダーです。

 

2019年横浜DeNAベイスターズのローテはどうなる?

それでは最後に、先発ローテの予想をしていきたいと思います。

こちらもまずは、昨シーズンのローテから確認していきたいと思います。

 

まず開幕時なのですが、

石田→バリオス→京山→飯塚→東

こちらが開幕時の先発ローテです。

 

今永選手や濱口選手などの先発陣の軸の選手の怪我の影響でこういったローテになりました。

 

しかし、今永選手や濱口選手が復帰しても、本調子を取り戻すことはできず、結局、シーズン通してローテの固定というのは出来ませんでした。

 

それでは早速、19年シーズンのローテ予想をしていきたいと思います。

 

今永→井納→濱口→東→上茶谷→石田

 

こちらが筆者が予想した先発ローテです。

 

今永選手は、冒頭で説明した通り開幕投手として予想したので、ローテの頭に予想しました。

そしてなぜ東選手を4番手に予想したのかは、先ほども伝えた通り怪我の影響で、開幕までに間に合うかどうか非常に微妙なため、2番手・3番手ではなく4番手に予想してみました。

 

以上が、筆者が予想した先発ローテです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

開幕まで残り約1ヶ月になりますね!!

もうすでに開幕投手を発表している球団もいますね。ベイスターズはいつ頃発表されるのでしょうか?楽しみですね!!

最後まで、閲覧いただきありがとうございました!!

コメント