2019チャンピオンズリーグの優勝候補は?ベスト8が出揃ったので予想

ヨーロッパのトップクラブが集い、ヨーロッパNO.1クラブを決める戦いが、

UEFAチャンピオンズリーグです。

予選リーグ、決勝トーナメント1回戦が終了し、ベスト8が出揃いました。

 

ここまで、前年まで3連覇していた、スペインのレアル・マドリードがまさかの

敗退を喫し、優勝候補と見られていたパリ・サンジェルマンも1回戦で姿を

消しました。

 

ベスト8に残ったチームの分析と、それを基に優勝チームを予想してみます。

2019チャンピオンズリーグの優勝候補は?ベスト8が出揃ったので予想

2019チャンピオンズリーグでベスト8に残ったチームとここまでの戦い方は?

 

3月15日に、準々決勝の組み合わせ抽選会が行われ、組み合わせが決まりました。

アヤックス(オランダ)   VS ユヴェントス(イタリア)

リヴァプール(イングランド)VS ポルト(ポルトガル)

トットナム(イングランド) VS マンチェスターシティ(イングランド)

バルセロナ(スペイン)   VS マンチェスターユナイテッド(イングランド)

 

 

 

国別の内訳で言うと、イングランド4、スペイン1、イタリア1、オランダ1、ポルトガル1

 

とイングランドが半分を占める結果となりました。

 

 

各チームのここまでの戦いぶりを紹介します。

■アヤックス(オランダ)

・予選リーグ:グループE 2位通過

・戦績

今回の台風の目といえるチームがアヤックスです。

バイエルン、ベンフィカ、AEKと予選リーグを戦い、グループ2位で通過しました。

 

その後の決勝トーナメント1回戦で、前回王者のレアル・マドリードと対戦しました。

ファーストレグを1-2で敗戦していましたが、セカンドレグ、レアルのホームで1-4の

勝利を飾り、4連覇を目指したレアル・マドリードを敗退に追い込みました。

 

特徴はなんと言っても、スタメンの平均年齢が24.9歳という若さです。

中心選手は、先日、来シーズンからバルセロナに加入が決まったMFデ・ヨング(21)、

DFデ・リフト(19)です。この若い2人にベテラン選手が絡み、グループステージを

無敗で勝ち抜けました。

 

■ユヴェントス(イタリア)

・予選リーグ:グループH 1位通過

・戦績

マンチェスターユナイテッド、バレンシア、ヤングボーイズとの予選リーグを

苦しみながらも、1位通過しました。

 

決勝トーナメント1回戦は、アトレチコ・マドリードと対戦しました。

ファーストレグを、2-0で敗戦した後のセカンドレグで、エース、クリスチアーノ・ロナウドが

ハットトリックの活躍で勝ち抜きました。

 

ユヴェントスの特徴は、アヤックスと正反対のベテランが主力です。

攻撃は今シーズンから移籍してきた、クリスチアーノ・ロナウド(34)とマンジュキッチ(32)が

担い、ディフェンスもキエッリーニ(34)、ボヌッチ(31)がスタメンに連ねます。

オーバー30のメンバーで優勝を狙っています。

 

■リヴァプール(イングランド)

・予選リーグ:グループC 2位通過

・戦績

パリ・サンジェルマン、ナポリ、レッドスターとの予選リーグは、最終節までもつれ、

ギリギリの2位通過でした。

 

決勝トーナメントは、ドイツ王者のバイエルンと対戦しました。

ホームのファーストレグを引き分けとなり、厳しくなった敵地でのセカンドレグでしたが、

自慢の攻撃力を発揮し、3-1で圧勝しました。

 

 

 

 

リヴァプールの特徴は何と言っても、攻撃力です。サラー、フィルミーノ、マネの

3トップの破壊力はヨーロッパ有数です。

 

 

さらに今シーズンから、ブラジル代表の正ゴールキーパー、アリソンを補強したことで、

ディフェンスが安定しました。

 

■ポルト(ポルトガル)

予選リーグ グループD 1位通過

シャルヶ、ガラタサイ、ロコモティフ・モスクワとの予選リーグは、5勝1分けで、

余裕の1位通過でした。

 

決勝トーナメント1回戦は、ローマと対戦しました。

アウェイのファーストレグを1-2で敗戦、追い込まれましたが、ホームのセカンドレグは

延長戦の末3-1で勝利し、ギリギリで2回戦に進んでいます。

 

 

 

ポルトの特徴は、カシージャスを中心にした守備と、若いタレントを中心とした攻撃陣が

 

ウリです。

 

 

この冬の移籍で、元レアル・マドリードのぺぺを獲得し、元レアル守備陣が機能するか、

注目です。

■トットナム(イングランド)

予選リーグ グループB 2位通過

バルセロナ、インテル、PSVとの予選リーグはギリギリの2位通過でした。

 

決勝トーナメント1回戦は、ドルトムントと対戦しました。

ホームで行われたファーストレグを3-0で圧勝し、続くアウェイでのセカンドレグも、

ヶインのゴールを守りきり、1-0で勝利し、2回戦に進んでいます。

 

 

 

トットナムは、ケイン、デル・アリ、ソン・フンミン、エリクセンの4人で攻撃を

 

組み立てており、ユニットとして組んでいる期間も長い為、安定しています。

 

 

 

 

■マンチェスターシティ(イングランド) 

予選リーグ グループF 1位通過

リヨン、シャフタール、ホッフェンハイムとの予選リーグを1位で通過しています。

 

決勝トーナメント1回戦は、シャルヶと対戦しました。

アウェイのファーストレグは、退場者を出しながら3-2で勝利し、ホームのセカンドレグは、

アグエロのハットトリックなどで、7-0の圧勝で2回戦に進んでいます。

 

 

 

マンチェスターシティの特徴は、何と言ってもその攻撃力です。

 

アグエロ、サネ、スターリング、シルバ、デ・ブライネが繰り出す攻撃は、

どこからでも、誰でも得点が取れ、驚く様なゴールが沢山生まれています。

 

 

 

■バルセロナ(スペイン)   

予選リーグ グループB 1位通過 

トットナム、インテル、PSVとの予選リーグを1位通過しています。

 

決勝トーナメント1回戦は、リヨンと対戦しました。

アウェイのファーストレグを、まさかの0-0で折り返し、不安視されましたが、

ホームのセカンドレグは、メッシの2得点もあり、5-1で圧勝しました。

 

バルセロナの特徴は、メッシ、スアレス、デンベレの3トップの破壊力です。

CBが故障で揃わないという不安はありますが、メッシの存在がその不安を

かき消す活躍をしてくれるのか、注目です。

 

■マンチェスターユナイテッド(イングランド)

予選リーグ グループH 2位通過

ユヴェントス、バレンシア、ヤングボーイとの予選リーグ

を2位で通過しています。

 

決勝トーナメント1回戦は、パリ・サンジェルマンと対戦しました。

ホームのファーストレグを0-2で落とし、絶対絶命で迎えた、アウェイのセカンドレグを、

ルカクの2得点もあり、1-3で勝利し、大逆転で2回戦に進んでいます。

 

 

 

マンチェスターユナイテッドの特徴は、ルカク、ラッシュフォード、ボグバといった

若い選手が繰り出す攻撃陣です。

一方で、デ・ヘアを中心とした守備陣がどこまで踏ん張れるか、が今後の戦いの

鍵です。

2019チャンピオンズリーグの優勝候補は?

 

 

ベスト8に残ったチームの中で、優勝候補は、ユヴェントス、リヴァプール、バルセロナ、

マンチェスターシティの4チームだと思います。

 

 

ベスト8の顔ぶれの中では、この4チームのチーム力が頭1つか2つくらい、

出ている印象です。

 

この4チームからさらに絞ると、私はリヴァプールを推します。

昨シーズンのチャンピオンズリーグも決勝まで進み、サラーの不運な負傷、

カリウスの信じられないミスで、後一歩のところでのビッグイヤーを逃しました。

 

 

 

今シーズンは、現役ブラジル代表GKアリソンをGK最高額で補強するなど、

チャンピオンズリーグの雪辱を晴らすのでは、と予想します。

 

 

 

私の記憶に残っているのは、2004-05シーズンのチャンピオンズリーグ、ACミランとの

決勝で、0-3から逆転したリヴァプールが強く残っているので、何かやってくれるのでは、

と期待しています。

まとめ

もうすぐ、チャンピオンズリーグ2回戦が始まります。

 

ベスト8の顔ぶれを見ると、順当に勝ち上がったチームもあれば、台風の目になりそうな

チームもあります。特にアヤックスは、若いチームなので、ユヴェントスを破ったりすると、

そのまま、なんて事もありえます。

 

また、必ずと言っていいほど、毎年ドラマがあります。

 

 

 

98-99シーズンでカンプ・ノウの奇跡と言われた、マンチェスターユナイテッドの逆転劇や、

01-02シーズン決勝で、ジダンが見せたスーパーボレー、

04-05シーズンのリヴァプールのイスタンブールの奇跡、

など、他にも沢山のドラマがありました。

 

 

 

決勝戦は6月1日、アトレチコ・マドリードのホームスタジアム、

ワンダ・メトロポリターノで行われます。

今年も、どんな結末が待っているのか考えるだけで、とても楽しみです。

コメント