2019年セ・リーグの優勝候補チームはどこ?現在の戦力から順位予想!

みなさん、こんにちわ!!

早速みなさんに質問なのですが

「この時期、ニュース番組や野球を取り扱った番組などで

解説者が行ったり、野球ファン話し合うと盛り上がること」

とは何でしょうか?

 

そう!!順位予想です。

 

ということで今回は筆者が予想した

2019年のセ・リーグの順位予想を行っていきたいと思います。

2019年セ・リーグの優勝候補チームはどこ?現在の戦力から順位予想!

2019年セ・リーグ優勝候補のチームはどこ?

 

それでは早速行っていきたいと思うのですが、

ここではまず、順位の変動や

順位以外のリーグ全体の予想を行っていきたいと思います。

 

それではまず優勝候補の球団をいくつか紹介します。

 

優勝候補の球団は

 

巨人広島です

 

まず巨人を候補に挙げさせていただいた理由は

「実績十分の監督・選手の加入」

こちらです。

 

19年シーズンからは第三次原監督政権になります。

原監督はチームを

2度のセ・パ交流戦優勝

7度のセントラル・リーグ優勝

4度のクライマックスシリーズ優勝

3度の日本一

WBC世界一を1回

に導いています。

 

そして、FAで丸選手・炭谷選手の加入

と実績十分の監督・選手の加入で

他球団との戦力の差を見せつけています。

 

懸念点を挙げるとすれば

内海選手と長野選手という

選手たちの精神的支柱の選手の移籍という

チームの”歪み”みたいなものが発生する恐れがあります。

 

この歪みさえ発生しなければ

優勝は盤石なのではないでしょうか?

 

次に広島を予想させていただいた理由は

「より一層深まったチームの団結力」

こちらです。

 

広島は

新井選手の引退

丸選手の移籍

という穴埋めの作業など

問題が山積みです。

 

しかし、そういう時こそ

「逆転の広島」といわれるほどの広島の”団結力”

これを発揮してくれると考え候補の

一つの球団として挙げさせていただきました。

 

懸念点といえば

ラグビーの元日本代表ヘッドコーチの

エディー・ジョーンズさんが仰っていたのですが

「強いチームをつくるときには、一見些細に思われるようなことが一番大切。」

これが果たして今年の広島は守れるかどうか?

このことが懸念点として挙げられるかと思います。

 

最後は順位の変動なのですが、

中日が非常に台風の目になるのでは?と考えています。

 

昨今中日はBクラスが続いています。

しかし、着実に投手陣・野手陣は

力を確実に付けていっています。

その力を付けていっている選手の大躍進

そして、まだアピールできていない選手の活躍

そういった未知数ですが未知数とは思えないような選手が

中日には所属しています。

ですので、中日を台風の目と予想しました。

 

そして、その中日が順位争いを

例年以上に激化させると予想します。

 

それでは次からは順位予想を行っていきます。

 

2019年セ・リーグ1位予想は巨人

 

それではまず筆者が予想した1位は

巨人です。

 

理由は先ほども紹介したように

「実績十分の監督・選手の加入」

こちらが理由です。

 

順位の変動予想なのですが、

Aクラスは確実で、1.2位の争いが

かなり熾烈なのでは?と予想します。

 

2019年セ・リーグ2位予想は広島

 

2位は広島と予想させていただきます。

 

理由は

「チームの結束力はいいが戦力に不安要素があるから」です。

 

こちらも先ほども言ったのですが

丸選手の移籍などの戦力の穴が大きすぎるのでは?

と考えたからです。

 

丸選手の穴埋め候補に

野間選手が挙げられていますが、

野間選手で丸選手の穴埋めを

19年シーズンに期待するのは厳しいというのが現実です。

 

そのほかにも新井選手のような選手の穴埋めも

厳しいというのが現実です。

 

結束力はありますが、

その結束力を持ち合わせても

現戦力と巨人の戦力を比べた結果

巨人の方が上回っていると考え

今回、広島を2位と予想しました。

 

最後に順位の変動予想なのですが

Aクラス入りは確実で

1.2.3位を行き来するのでは?と予想します。

 

 

2019年セ・リーグ3位予想はベイスターズ

 

3位予想はベイスターズです。

理由は

「怪我や選手の不調の影響さえなければ優勝を狙える戦力」

こちらです。

 

18年シーズンは怪我と不調の影響で

本来の試合運びが出来なかった試合が大半でした。

 

ですが、きちんと試合運びが出来て

歯車がきちんと合えば優勝できる可能性は非常にあります。

 

しかし、未知数な部分が多々あるため3位に

予想させていただきました。

 

順位の変動については

2.3.4位を行き来するのでは?と予想します。

2019年セ・リーグ4位予想は中日

 

4位は中日と予想させていただきました。

 

理由は

「若手投手の成長著しいため」

こちらです。

 

近年中日はBクラスと低迷していますが

着実に力を付けてきている球団でもあります。

 

昨シーズンは野手陣がかなり活躍し

12球団でもトップと言っても過言ではないほど強力です。

 

懸念点と言いますかやはり課題点は

”投手陣”です。

 

着実に力を付けていっているとはいえ

先発の頭数や勝ちパターンの確立などは

出来ていません。

 

ではなぜ4位に予想したかというと

5,6位に予想したチームよりも

”打撃力でカバーできる”

こう考えたからです。

 

順位の変動の予想は

3.4位を行き来するのでは?と予想します。

 

2019年セ・リーグ5位予想はヤクルト

 

5位はヤクルトと予想させていただきます。

 

理由は

「チーム全体の高齢化が進んでいるから」

こちらです。

 

18年シーズンは超強力打線と安定した中継ぎ陣

これを武器に18年シーズンを2位という成績を残しました。

 

しかし、18年シーズンに頼りになった

投手陣や野手陣もほとんど30代となり

怪我が増えたりなどで本来通りのプレーが出来にくくなる年齢です。

 

且つ、若い選手の台頭というものも

あまり目立ちません。

 

打撃陣がきちんと機能すれば4位もあるかな?とは思いますが

5位に予想させていただきました。

 

順位の変動については

投手陣の働きにもよりますが、

Bクラスが濃厚で、4.5位を行き来するのでは?と予想します。

 

2019年セ・リーグ6位予想は阪神

 

6位は阪神と予想します。

理由は

「あまりにも明るい情報が無さすぎるため」

こちらです。

 

18年シーズンは投手陣は非常に力投を続けますが

打線が中々昨日できず得点につなげることが出来ませんでした。

 

その課題点を克服するためドラフトや補強を行うも

明るいニュースはあまり聞こえません。

 

 

且つ、先発の柱となるメッセンジャー選手も

18年シーズンの終盤は

メッセンジャー選手”らしさ”をあまり発揮できていませんでした。

 

正直、野手・投手に不安要素がたくさんあるため

今回は6位と予想させていただきました。

 

順位の変動については

5.6位を行き来するのでは?と予想します。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

さぁいよいよ開幕まで残りわずかです。

野球ファンのみなさんで例年以上に野球を盛り上げましょう!!

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

NPB
World Sports Satellite(ワールドスポーツサテライト)

コメント