2019年セ・リーグの首位打者やホームラン王・打点王は誰になるか予想!

みなさん、こんにちわ!!

あと少しで、NPBも開幕ですね!!

今年はどこが優勝・日本一に

なるのでしょうか?

 

そういった事を考察していくと

「今年の首位打者って誰になるだろう?」

という考えに行きつくかと思います。

 

ということで今回は

主要打撃タイトルである

首位打者・本塁打王・打点王

以上三つのタイトルを

19年シーズンに獲得するであろう選手を

予想していきたいと思います。

2019年セ・リーグの首位打者やホームラン王・打点王は誰になるか予想!

2019年セ・リーグのホームラン(本塁打)王は誰になるか予想!

 

それではまず早速

本塁打王の予想をしていきたいと思います。

 

まず一人目の選手は…

 

https://twitter.com/TokyoGiants/status/1108276751086440448

 

17年シーズンの本塁打王

アレックス・ゲレーロ選手です。

 

理由は

「楽しく、そして真摯に野球に取り組んでいるから」

です。

 

18年シーズンのゲレーロ選手は

内向的と言いますか

周りの選手たちとあまり

コミュニケーションを取っていないような印象でした。

 

しかし、19年シーズンからは

野球に楽しく楽しんでいる印象で

原監督の打撃指導を熱心に真摯に

向き合っていました。

 

且つ、周りの選手たちと

談笑していたり

首脳陣が大幅に変わったことにより

ゲレーロ選手自体も変わったような印象を受けます。

 

元々ゲレーロ選手は

17年シーズンに

本塁打王に輝いていたりと

実績は十分です。

 

ぜひ19年シーズンは

自身2度目の本塁打王の

タイトルを獲得していただきたいです。

 

二人目に予想する選手は…

 

 

”神ってる”

鈴木誠也選手です。

 

理由は

「責任」

です。

 

今ままで中軸を担っていた

丸選手が巨人へFA移籍しました。

 

丸選手がチームへ与えていた貢献度を考えると

あまりにも痛手です。

 

そんなチーム状況だからこそ

鈴木選手のように

負けず嫌いで責任感がある

選手がタイトルを取るのでは?

と考え、今回予想させていただきました。

 

最後に予想する選手は…

 

 

日本を背負うべき選手

岡本和真選手です。

 

理由は

「背負うべきものが19年シーズンから違う」

こちらです。

 

17年シーズンまでは

殻を破ることができず

期待通りの活躍が出来ていませんでした。

 

しかし18年シーズンには

最年少での「3割・30本塁打・100打点」

を記録したりと

才能が開花しました。

 

19年シーズンからは

「首脳陣が新体制」

「2年目の巨人の四番」など

背負うものが大きく変わります。

 

そういう時こそ

選手はきっと燃えるので

岡本選手を予想させていただきました。

 

以上3選手を予想させていただいたのですが

この3選手の中で最も有力選手を

挙げるとすれば…

 

鈴木誠也選手を挙げさせていただきます。

 

さきほども言った通り

鈴木選手のような

負けず嫌いの選手ほど

チーム状況が劣勢な時ほど

燃えるかと思います。

 

ですので、鈴木誠也選手を

有力候補として挙げさせていただきました。

2019年セ・リーグの首位打者を予想!

 

それでは次は首位打者を予想していきたいと思います。

 

まず一人目は…

 

https://twitter.com/Ydb19Sw/status/1053068523784691712

 

2017年の首位打者

宮崎敏郎選手です。

 

理由は

「大崩れをしないバッターだから」

です。

 

昨シーズンのベイスターズは

怪我や本調子とは程遠いような選手が続出し

苦戦が続く試合がほとんどでした。

 

しかし、そんなチーム状況で

安定した成績を残してくれた野手は

宮崎選手のみでした。

 

ベイスターズの選手は

若くてハングリー精神を持っている選手が

大勢います。

 

そんな選手がキャンプやオープン戦で

しのぎを削りあっています。

 

そういうチーム状況の中で

宮崎選手も

「負けてられるか」

という気持ちをもって取り組んでいるかと思います。

 

というような理由で

宮崎選手を予想させていただきました。

 

次に予想させていただく選手は…

 

 

頼れるキャプテン

坂本勇人選手です。

 

理由は

「キャリアハイを記録するも…」

です。

 

18年シーズンも坂本選手は

キャリアハイである

打率.345を記録しますが

脇腹の痛みの影響で一ヶ月以上

戦列を離れ、

2年連続で受賞中だったゴールデングラブ賞も

獲得できませんでした。

 

坂本選手は

かなり責任感の強い選手かと思います。

 

いくらキャリアハイを記録したとしても

18年シーズンは悔しいシーズンだったかと思います。

 

ですので、

16年シーズンにも一度獲得している

首位打者の獲得を虎視眈々と狙ってるかと思います

 

こういった予想をし

坂本選手を予想させていただきました。

 

最後に予想させていただく選手は…

 

 

”天才”

西川龍馬選手です。

 

理由は

「心機一転」

です。

 

鈴木誠也選手も絶賛するほどの

バッティングセンスを持つ西川選手ですが

18年シーズンは

守備で精一杯で

持ち味のバッティングセンスが

活かせていない印象でした。

 

しかし今シーズンからは

外野手に挑戦と

心機一転し、

心の枷のようなものが外れ

フレッシュな気持ちで臨めるかと思います。

 

宮崎選手や坂本選手と比べ

実績はまだまだですが、

ポテンシャルは二人以上と言っても

過言ではないでしょう。

ですので、西川選手を予想させていただきました。

 

3人の中の有力候補は…

宮崎敏郎選手です。

 

宮崎選手はベイスターズの顔の一人です。

そういった自覚を宮崎選手も認識しているかと思いますし

ベイスターズにはハングリー精神をもった

選手がたくさんいます。

 

そういった状況だからこそ

宮崎選手の”らしさ”が出て

首位打者のタイトルを獲得するのでは

と考え、有力候補として挙げさせていただきました。

2019年セ・リーグの打点王を予想!

 

それでは最後に予想するのは打点王です。

 

まず一人目は…

 

https://twitter.com/metakokun/status/1106792318982483968

 

”12球団1”と言っても過言ではない

クラッチヒッター

ソイロ・アルモンテ選手です。

 

理由は一言

「12球団1と言っても過言ではないほどの

クラッチヒッターだから。」

です。

 

まずクラッチヒッターの意味は

チャンスの時ほど活躍するバッター

のことを指します。

 

アルモンテ選手は18年シーズンの

得点圏打率.339を誇っています。

 

開幕当初から難なく日本野球に

適応しますが、やっぱり完璧に

適応はしていませんでした。

しかし、19年シーズンからは

NPB2年目としてプレーします。

 

もちろん相手チームから対策を

練られてるかとは思いますが

アルモンテ選手も進化していると思います。

 

ですのでアルモンテ選手を予想させていただきました。

 

二人目の選手は…

 

 

”横浜の主砲”

筒香嘉智選手です。

 

理由は

「汚名返上」

です。

 

16年シーズンに打点王を獲得した

筒香選手ですが

18年シーズンの筒香選手は

得点圏打率.237と

4番としてふさわしくない数字です。

 

筒香選手は

メジャー志向も公言されてます。

 

この数字では正直

筒香選手自身も

気持ちよくメジャーへ挑戦できません。

 

ですので19年シーズンに

打点王のタイトルを獲得していただき

 

胸を張ってメジャーへ挑戦していただきたいと

考え、筒香選手を予想させていただきました。

 

 

最後に予想する選手は…

 

”神ってる”

鈴木誠也選手です。

 

理由については

本塁打王の予想の際の理由と

一緒で

チーム状況が劣勢な時ほど

燃えるのが鈴木選手ですので、

本塁打王に続き、打点王にも予想させていただきました。

 

有力候補は、アルモンテ選手と予想します。

理由は12球団1と言ってもいいほどの

クラッチヒッターだからです。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

2019年シーズンにタイトルを獲得するのは誰なのでしょう?

筆者が予想した有力候補には名前を挙げませんでしたが

カープの西川選手には非常に期待していますので

ぜひ頑張っていただきたいです。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

NPB
World Sports Satellite(ワールドスポーツサテライト)

コメント